あきたアーバンマイン開発アカデミーとは

あきたアーバンマイン技術者養成プログラムとは

http://www.urbanmine.eng.akita-u.ac.jp/秋田県では秋田県と秋田大学が強力してあきた「アーバンマイン開発アカデミー」を開設している。
これは、主にリサイクルに関する技術者を養成するもので、新たな環境リサイクル技術の開発やリサイクルネットワークの構築などを支援出来る人材の養成がメインの内容となっているものだ。
産業廃棄物、粗大ごみ、不用品、を始め、レアメタル、などのリサイクル、その他、バイオディーゼル燃料の適正使用の指導、環境リサイクル事業を推進するコーディネーター、ガラスリサイクル事業への携わり、バイオマスや新エネルギーによるビジネス展開をしている企業、自治体関係者など、様々なエコ活動で活躍する人材を育成する為のプロジェクトである。
全国に先駆けて使用済み電子電気機器の回収モデル事業を開始しており、そこに積極的に「アーバンマイン技術者養成プログラム」の修了者を投入するよう働きかけている他、結果的にリサイクル産業の推進と活性化を秋田県全域で進める事となり、地域再生への貢献を担う活動になっているのである。

秋田県のエコ活動のまとめ

単純なごみ処理からその他の最新技術を駆使した分野まで、幅広い意味でのエコ活動を行っていると言える。
県と大学が協力する事により、より一層の専門分野に特化した研究や、人材育成が出来る事から、秋田県は、全国の中でも積極的に地球の将来を考えたエコ活動を行っていると言えるのである。